見出し画像

【#アップルノート】ついに日本でも本日リリース、 #Apple TVアプリ がゲームチェンジャーとして注目される理由

Apple TVアプリは、1つのアプリで在りながら、米国内だけで1億件弱が残るケーブルテレビや衛星放送契約を、ストリーミングに置き換える「コードカッティング」のプラットホームとなるデジタル番組表の役割をになるから。

Appleは日本時間5月13日に、iOS 12.3、tvOS 12.3のアップデートが配信され、これまで米国をはじめとする一部の地域から、世界100カ国以上の地域で提供されるようになりました。またSamsung製スマートテレビ向けのApple TVアプリの配信も始まっています。

若干紛らわしいのですが、Apple TVというハードウェア(セットトップボックス)と、今回日本でも利用できるようになったApple TVアプリは別のもので、ハードウェアとしてのApple TV内にも、Apple TVアプリが用意されます。

同時に、Apple TVアプリはiPhoneやiPadでも利用できる他、今回はSamsungが先行しましたが、LG、Sony、Vizioのスマートテレビでもアプリが利用でき、Amazon Fire TV、Rokuといった他社製セットトップボックスでも利用できます。

----

Apple TVアプリの刷新

この続きをみるには

この続き: 3,790文字
記事を購入する

【#アップルノート】ついに日本でも本日リリース、 #Apple TVアプリ がゲームチェンジャーとして注目される理由

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご愛読感謝!
1
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。