見出し画像

【#アップルノート】 2019年の目から鱗は、Appleが取り組んだオーディオの実装…(ただし #ノイズキャンセリング疲れ にもご注意を)

今日の時点でApple.comからオーダーしても2020年1月30日まで届かない、世界的に全く生産が追いついていないAirPods Pro。本体の小型化とアクティブノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスヘッドフォンは、以前のモデルを持っていても追加で購入してしまうアップデートとなりました。

私も発売以来AirPods Proを使っていますが、こんなに小さくてしっかりノイズキャンセリングに対応した初作に驚きました。Appleの2019年の新製品では、iPhoneの新世代カメラ、Apple Watchの常時点灯化されたLPTO有機ELディスプレイを抑えて、一番驚いたのがAirPods Proのノイズキャンセリングでした。

第2世代になったAirPodsを含め、通常モデルとの選択では、迷うことなくAirPods Proを、1ヶ月待ってでも手に入れるべき、と思います。今回は、そんな2019年の「Appleオーディオ」について深掘りします。

「ノイズキャンセリング疲れ」

「脳が疲れる!」

年の瀬の夕方の小田急線で、急にソワソワし始めました。ガヤガヤとした賑やかな車内、乗り降りする靴の音、向かいのホームを通過する快速急行とロマンスカー…。個人的にはあまり体験したことがなかったのですが、これが脳のオーバーフローなのか、と。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは、入ってくるノイズをマイクで拾い、それを打ち消す音を再生する仕組みです。そして、AirPods Proはかなり優秀なアクティブノイズキャンセリング機能を備えていると評価しました。

つまり、外のノイズの音量や種類が多くなれば多くなるほど、打ち消すために耳の中に再生する音も増えていく、ということなのでしょうか。

「無理だ…」

しまいにはそう思い、iPhoneのコントロールセンターから音量調整のスライダーを長押しし、AirPods Proのノイズキャンセリングを「OFF」にしました。すると、少し外のガヤガヤは聞こえるようになりますが、胸騒ぎのようなソワソワ感は解けていきました。

そうした問題については、Sennheiser(ゼンハイザー)が取り組むノイズキャンセリングの思想に共感できる部分があります。無闇に強いノイズキャンセリングを聴かせれば良い、というわけではないのだと。

ノイズを消すことがゴールではなく、良い音を聴く環境を常に整えることが重要

Sennheiser PXC 550-II Wirelessで音楽を聴いていると、もちろんきちんとしたノイズキャンセリング機能は持ち合わせているものの、オーバーイヤー型の遮音性の高さも助けて、適度なノイズキャンセリングの活用によるリスニング環境の構築を楽しむことができます。

飛行機移動の時は、ポロリ(AirPodsをつけたまま、タクシー中に寝落ちして、AirPodsがどこかに落っこちてしまう)の心配もないPXC 550-II Wirelessを使うようにしています。

Sennheiserの話は、また別の機会に。

——

この続きをみるには

この続き: 4,631文字
記事を購入する

【#アップルノート】 2019年の目から鱗は、Appleが取り組んだオーディオの実装…(ただし #ノイズキャンセリング疲れ にもご注意を)

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
5
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。