【#アップルノート】 改めて考える、絵文字から見る世界
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【#アップルノート】 改めて考える、絵文字から見る世界

冒頭の絵文字は、コロナ禍で改めて話題になっている「ぴえん」。ちょっとした悲しさや、うれしさで泣きそう、泣いている、といったこぢんまりとした感情を表現している絵文字です。Unicodeでは「Pleading Face(訴えかける顔)」として登録されています。

日本で生まれた絵文字は、すでに世界中で絵文字が使われるようになっており、Emojipediaでは、最近使われている絵文字を集計し、ウイルスの絵文字やマスクを付けている顔の絵文字、石けんの絵文字などの利用が増えていると言います。

画像1

そもそも、こうした集計が成立すること自体、絵文字が「非言語の表意文字」という非常に希な存在になっていることの現れではないか、と思います。ちょうど世界中の人が現在の絵文字を使い始めたのは2011年で、私が米国に移住した年でした。ほぼ10年遅れで、米国を含む世界中の人が、絵文字という新しい文字と出会ったのです。そのグローバル化の過程で、いまもなお、「収録している文字が日本過ぎる」という指摘もあります。

例えば自動車の初心者マークや、幼稚園バッジは、日本人なら一発で分かりますが、日本人以外にとってはそういうわけにはいきません。

米国に住んでいる頃、同じアパートの隣人に「この葉っぱみたいな絵文字はどういう意味?」とか「これってなに?豆腐が燃えてるんだけど」と質問されていました。いや、これはチューリップの名札で、白い部分に名前を書くんだよ、と説明しても、幼稚園の文化自体が違うと、なかなか納得してもらえないこともあるわけです。

ただ、絵文字が日本文化過ぎることは、個人的には「こういうのがクールジャパンというのではないか」と思うのですが、どうでしょうか。

絵文字からEmojiへ

----

この続きをみるには

この続き: 3,721文字
記事を購入する

【#アップルノート】 改めて考える、絵文字から見る世界

@taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
松村太郎のノート。有料マガジン #アップルノート では、Appleを核としたモバイル時代とテクノロジーを読み解く記事をお届けしています。その他にも、個別のまとまった記事などを掲載します。ブログは tarosite.net / Twitter @taromatsumura