見出し画像

【#アップルノート】  買い換えるか? 2020年MacBook Pro 13インチ

MacBook Pro 13インチは、小幅な刷新となりましたが、一言で言えば、ラインアップ全体でコストパフォーマンスが高められたモデル末期、成熟モデルと言えるでしょう。

たまには高校自動車部らしく、車の例え話から。

よく欧州車は「モデル末期の葛藤」がある思います。モデル末期を選ぶか、1年待ってフルモデルチェンジをした最新型を選ぶか、という葛藤のことです。

モデル末期とは、フルモデルチェンジ直前のモデルという意味です。最近日本車も採用している年次更新。毎年マイナーチェンジを行って、改良を加え続けて、フルモデルチェンジでデザインやメカニズムなどを大幅に発展させるというサイクルがあります。そのフルモデルチェンジ直前が、モデル末期に当たります。

もちろん、フルモデルチェンジをすれば、デザインからエンジンから足回り、テクノロジーなども最新のモノに置き換わります。それは買う側も分かっている。だからこそモデル末期になればなるほど、それまでオプション扱いだった機能やデザインがはじめからついていたり、改良に改良を重ねて、そのテクノロジーが最もいい状態で利用できることを意味します。

熟成か、新鮮か。どちらを選らんでも正解なだけに、なかなか判断が悩むところです。MacBook Proがまさにそういう段階に来ているとおもいました。iPad主体のワークスタイルになりつつも、メインマシンとして使ってきた2016年のMacBook Pro 13インチ。高い信頼性が重要、という観点からすれば、熟成しきった2020年モノに乗り換えるのも正解だと思いました。

今回の刷新は、下位モデルも、上位モデルも、非常に魅力的な仕上がりだという結論でした。筆者は上位モデル狙いで、また長く使う前提で選んでみたいと思っています。

----

この続きをみるには

この続き: 2,372文字 / 画像3枚
記事を購入する

【#アップルノート】  買い換えるか? 2020年MacBook Pro 13インチ

@taromatsumura

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ご愛読感謝!
11
松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

こちらでもピックアップされています

#アップルノート
#アップルノート
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この部分が、私にとって最も重要な「考えるきっかけ」になっており、それを皆さんと共有して行こうと考えています。 我々の生活に更なる変革をもたらすテクノロジーについて、Appleを軸に、知るべき話題、押さえておくべき数字、今後の予測を、週刊でお届けしていきます。 Appleへの直接取材のメモや号外も、配信していく予定です。目指すは、ティム・クック氏へのインタビュー。このマガジンを通じて、Appleが考える我々の生活の未来について、質問を考えていきましょう。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。