見出し画像

【#アップルノート ・ 7月の特集】Live PhotosでiPhone写真を極めるノート

iPhone 7には、1200万画素、f1.8の明るいカメラが搭載されるようになりました。写真はもちろんのこと、4Kビデオ撮影、そして本体のジャイロを使ったパノラマ撮影、スロー撮影など、iOSが用意するカメラアプリを使っても、多彩な撮影ができます。

iPhoneのカメラには、細かい設定項目が用意されておらず、iPhoneが自動的にシーンや被写体を判断して、シャッターボタンを押すだけで最適な写真が撮影できるようになっています。実際に、私も普段の写真や取材ではiPhone 7のカメラを多用するようになりました。特にビデオ撮影の使い勝手は、デジタルカメラ以上だと感じるようになりました。

そんなiPhoneカメラならではの撮影機能に、「Live Photos」があります。いまLive Photosを学んでおくと、Live Photosの機能が大幅に進化する2017年秋配信のiOS 11で、より素晴らしいiPhone写真体験が待っています。

「#アップルノート」の7月の特集では、Live Photosをテーマに、その仕組みについて詳しく知り、iPhoneらしいカメラ撮影を極めていきたいと思います。


目次

1. Live Photosとは?
 1.1. Live Photosの仕組み
 1.2. Live Photos再生の方法
 1.3. Live Photosを共有するには
 1.4. Live Photosのデメリットは?

2. Live Photos撮影のコツ
 2.1. Live Photosはじっくり構えて
 2.2. 失敗Live Photosの特徴と、欠損Live Photosとは?
 2.3. 写真と同じ「ひと手間」で、一段上のLive Photosを
 2.4. Appleクオリティには三脚が必要

3. Live Photosによる表現
 3.1. 動きのある被写体を狙おう
 3.2. 定常的な動き
 3.3. 上下動と接近
 3.4. あえてiPhoneを動かす応用

4. Live Photosを活用するアプリ3選
 4.1. 「写真」アプリのメモリー
 4.2. GoPro Quicで、Live Photosだけをつなげてビデオ化
 4.3. Motion StillでGIFアニメ化
 4.4. Instagramでも、活用できる

5. iOS 11で進化するLive Photos
 5.1 新フォーマット対応で、高画質化、低容量化
 5.2 撮影後に、写真として利用するコマを選べる
 5.3 写真アプリだけで、3つのビデオエフェクトが利用できる
 5.4 【結論】取りあえずLive Photosで撮影しておけ!

※コンテンツは、目次に沿って更新していきます。一度このノートをご購入された方、2017年7月に定期購読マガジン「#アップルノート」をご購読中の方は、最後までお読み頂けます。

このノートは、定期購読マガジン「#アップルノート」でも、お読みになれます。

毎月4本程度の有料記事と、日々のApple関連ニュースを更新する「ブログ」、インタビューや取材レポートなどをお届けしています。

この際に、ぜひ購読をお願いいたします。
http://go.tarosite.net/applenotemag

この続きをみるには

この続き:2,693文字/画像2枚
記事を購入する

【#アップルノート ・ 7月の特集】Live PhotosでiPhone写真を極めるノート

#アップルノート by @taromatsumura

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

#アップルノート by @taromatsumura

松村太郎による、Appleとその周辺情報に関するノートです。取材メモ、アイディア、インタビューや会話の記録など、記事になる前の情報を走り書きでお届けしていきます。有料マガジンは月額1000円で、個別の有料記事(300〜500円)月4本以上と、購読者限定のブログをお読み頂けます。

#アップルノート by @taromatsumura

米国シリコンバレーからお届けする松村太郎のマガジンです。米国生活の視点からみたAppleとテクノロジー業界、我々の未来の生活について、一緒に考えていきましょう。 個人的な取材ノートには、原稿化される前の雰囲気や感触、印象といった、「Thoughts」が含まれています。この...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。