#アップルノート

【#アップルノート】 デザインから環境へ、ジョニーからリサへ。

Appleは毎年、4月のアースデーに合わせて、環境問題への取り組みの進捗に関する報告書を発表しています。

これまでで大きなマイルストーンとなっていたのは、Appleのビジネス全体の「カーボンニュートラル」化でした。カーボンニュートラルとは、二酸化炭素の排出と吸収の差し引きをゼロにするということ。さらに、二酸化炭素の吸収が増えていけば、「カーボンネガティブ」や「カーボンマイナス」と言われています。

もっとみる
ご愛読感謝!
10

【 #アップルノート インタビュー】Apple副社長リサ・ジャクソン氏が語る、日本での最新再生可能エネルギープロジェクトと、新型iPhone 8の環境性能の秘密

AppleでEnvironment, Policy, Social initiative担当副社長を務めるLisa Jackson氏に単独インタビューをしました。今回のインタビューでは、Appleが取り組んでいる再生可能エネルギー100%化計画を推進する、日本での最新プロジェクトについて聞きました。

もっとみる
ご愛読感謝!
1

【 #アップルノート 】 Appleの環境への取り組みと、将来の製品に対する示唆

Appleは今年のアースデー、4月21日に合わせて、環境に関するページを更新しました。

大きく分けて、気候変動、資源、安全な素材の3つのカテゴリでその取り組みを紹介するページの中で、個人的に最も衝撃を受けたのは、Appleが、傷だらけになった自社製品の画像を、自社サイトに掲載したことでした。

Appleの環境のページの充実と、それを取り巻く環境、そして本業である将来の製品に与える影響について、

もっとみる
ご愛読感謝!
1