#アップルノート

【#アップルノート】 Appleの児童虐待画像検出は、何が問題視されているのか?

Appleは、iOS 15 / iPadOS 15 / macOS Montery / watchOS 8に対して、児童の性的虐待コンテンツ「CSAM」の検出に関する3つの新機能の導入を発表しました。これに対して、賛否が渦巻いており、Appleは対応に苦慮しています。

ソフトウェア開発のトップ、クレイグ・フェデリギ氏は、今回の発表について、説明不足、いくつかの機能をまとめて発表したことによる混乱

もっとみる
ご愛読感謝!