#アップルノート by @taromatsumura

7
ノート

【#アップルノート】 CES 2019で明らかになったAirPlay 2のスマートテレビ対応はAppleの戦略変更なのか? Siriのサードパーティーデバイスへの解放の可能性は?

毎年1月は、年初からテクノロジー業界の一大イベント「CES」が米国ラスベガスで開催されます。その年の家電やエンターテインメントを中心としたテクノロジーのトレンドを方向付けたり、新製品への期待を高めるとても楽しいイベントです。

Samsung、LGといった企業は最新のテレビを披露しますし、GoogleやAmazonはスマートスピーカーを核とした家電連携を拡げる発表にも注目が集まります。

残念なが

もっとみる

【 #アップルノート 】 Appleの「音」戦略 - Apple Musicの有料購読者数が米国市場でSpotifyを上回り、スマートスピーカー市場とSiriの逆襲について

米国のDigital Music Newsによると、米国市場において、Apple Musicの有料購読者数が、Spotifyの米国市場における有料購読者数を上回った、と伝えました。

また、AirPodsやApple Watchを含むウェアラブルデバイス部門は、年間の売上高100億ドル規模となるFortune 300企業レベルに成長しているとAppleは指摘しています。さらに、iOS 12でついに

もっとみる

【 #アップルノート 】AI専用チップは「○1」になるんだろう?Googleとの方法論の違い、そしてその役割とは

Bloombergは、Appleが次期iPhone・iPadに、AIの処理を行う専用チップを搭載すると伝えています。2017年6月5日から開催される開発者会議WWDC 2017で、このあたりの説明が行われる可能性を指摘しました。

今回のテーマは、Appleが盛りこむと考えられているAI専用チップについて。その意味合いと役割、そして実現して欲しい姿などについて、考えていきましょう。

----

もっとみる
5

【#アップルノート】AppleによるWorkflow買収が重要な2つの理由

Appleが、iOSで複数の作業を自動化することができるアプリ「Workflow」を買収したことが、3月22日に分かりました。

Workflowは2014年にリリースされたアプリで、2015年には自動化した作業を音声で操作できるアクセシビリティ性能が高く評価され、WWDCで開催されるApple Design Awardで表彰されました。

買収されたWorkflowのチームはAppleにそのまま

もっとみる

【#アップルノート | レビュー】HomeKitを使って分かった、スマートホームが普及しない決定的な理由と、Siriが解決する問題について

今回はAppleのスマートホームプラットホームであるHomeKitを1ヶ月ほど試してきた結果についての考察です。米国のアパート住まいでは、特別なことをせずに導入しましたが、全く満足できる体験ではありませんでした。

まず先に断っておくと、これは直接的に「Appleが悪い」ということではないと思います。しかし、Appleが描くスマートホーム像を、多くの人は実現できない点では、Appleの努力不足と指

もっとみる

【#アップルノート】Siriに耳打ち - 音声アシスタント学園の現在と期待すること、Siriがクラスをまとめるには?

2017年1月の家電展示会CESでも「主役はAlexa」との呼び声が高かったことが印象的でした。Alexaさんとは、Amazon Echoに搭載されている人工知能の名前。音声アシスタント学園で、AppleのSiriさんのライバル的な存在です。

他の同級生には、Googleアシスタントさん、MicrosoftのCortanaさんなどが、テクノロジー企業大手の音声アシスタントとして存在しています。

もっとみる