#アップルノート by @taromatsumura

6
ノート

【#アップルノート】 2019年第3四半期決算の意外な内容とは

Appleは7月31日、2019年4〜6月にあたる2019年第3四半期決算を発表した。アナリストの予測を覆し、売上高は538億ドルと前年同期比1%増となりました。

その牽引役として急浮上してきた分野は、ウェアラブルデバイス。AirPods 2の投入もありましたが、依然としてAirPodsは「作れば作るだけ売れていく」状況のようです。

また、20〜30%という大きなマイナス幅を記録し続けてきた中

もっとみる

【#アップルノート】  #AirPods レビュー: 年間販売2500万台以上を販売する完全ワイヤレスヘッドフォンの第2世代

東京でも、AirPodsを装着している人は珍しくなくなりました。当初「みみからうどん」と揶揄されていたその違和感を与えるデザインは、結果的にAppleのマーケティングを助けていたのではないか。Apple社内でも、iPodのシルエットキャンペーンを彷彿とさせるような「現象」が起きていると手応えを感じるほどの製品になりました。

2019年3月20日に、ウェブ上での発表とはなりましたが、第2世代となる

もっとみる
4

【 #アップルノート 】 $AAPL 時価総額1兆ドル達成、その材料となった好決算「Apple 2018年第3四半期」のまとめ

Appleは米国時間7月31日に、2018年第3四半期決算(4〜6月)を発表しました。iPhone、サービス部門、その他の製品の売上高が大きく成長し、Appleの株価は200ドルを突破、米国時間8月1日には終値で201.50ドルとなり、あと5ドル程度の値上がりで、時価総額1兆ドルに届くところまで来ました。

そして、米国時間8月2日、株価が207ドルを超え、時価総額1兆ドルを達成しました。

そん

もっとみる

【 #アップルノート 】 Appleの2018年第1四半期決算で注目すべきはiPhoneの平均販売価格が他社を寄せ付けないレベルに達したこと

Appleは2018年第1四半期決算(10〜12月期)を発表しました。過去最高の売上高となる883億ドルという数字は、iPhone 7シリーズが絶好調だった前年同期から13%上昇し、1株あたりの純利益も3.89ドルと、売上高、純利益ともアナリストの予想を上回りました。

過去最高だったのは2017年第1四半期で、784億ドルだったことから、1年前と比べて99億ドル、約1兆890億円増やしたことにな

もっとみる

【 #アップルノート 】「Apple Watchの今」と「次のApple Watch」について(Podcast版は無料でお聞き頂けます)

「Apple Watch」は、2014年9月、iPhone 6とともに発表され、2015年4月に発売されたスマートウォッチです。2016年9月には「Apple Watch Series 2」が登場し、2017年9月にも新モデルの登場が話題に上るようになりました。

Apple Watchは38mm、もしくは42mmの2つのモデルを備える有機ELマルチタッチディスプレイを備えたスマートウォッチです。

もっとみる